部下指導は解決志向の視点で

第376号

2000年シドニーオリンピックで
高橋尚子選手が初めて日本女子陸上界に
金メダルをもたらしました。

二人三脚で指導したのは、小出義雄監督
小出監督が4月24日に亡くなられました。
(厳密には引退されたから元監督ですね)

思えば、日本女子マラソンは、
高橋選手が二連覇を狙った2004年アテネオリンピックで
野口みずき選手が金メダルをとって以降、メダルから
遠ざかっています。

マラソンは、代表に選ばれても
練習など調整はすべて選手とその指導者
(所属チーム)に任されていて、
合同練習で鍛えるということはないようです。

今は横の交流も増えたようですが、
基本的に、たとえば高橋選手の調整法の
優れたやり方が他の選手に引き継がれる
ということはありません。

 

小出監督流の練習法が平成、いえ令和の時代に
合うかどうかはわかりませんが、いち早くスポーツに
女性の時代がくる!と何十年も前に確信して、
教師時代から女性を指導してきた視点の確かさは
大きく評価されるものだと考えます。

 

小出監督の死去にともないこんな話が取り上げられていました。

シドニー五輪を前に、小出さんが高橋に挑ませたのが、コロラド州ウィンターパークでの「超高地トレーニング」でした。当時のマラソン界では、高地トレーニングは標高1,600m前後が最適とされ、あまりに高い場所はかえって逆効果とされていましたが、そんな“常識”など一切無視。何と標高3,500mの超高地で、24キロある山道を全力で駆け上がるトレーニングを課したのです。

周囲からいくら「無謀」「非常識」と言われようと、小出さんは信念を曲げませんでした。それは教え子を「世界一に導くため」です。

「オレは非常識だと思ってない。本当はもっと高いところでやりたかった。常識的なことをやっても勝てないよ」

ニッポン放送 スポーツアナザーストーリーより
http://www.1242.com/lf/articles/173400/?cat=sports&feat=sportsanother

今は効率的とか科学的なトレーニングが主流で、
極限まで走り込む練習は一般には無謀なのかもしれません。

そうだとしても、それと一緒に
小出監督の選手掌握術を古いとして
葬ってしまうのは惜しいです。

 

目指すビジョンが明確です。

教え子を「世界一に導くため」

良かれと思えば、常識も非常識も関係なかったのです。

ですから、高橋選手も信頼して取り組んだのでしょう。

やはりすべてはビジョンから始まります。

有森裕子さんは、小出監督を
「未来を見ながら選手を考えてくれる監督が好きだった」
と言います。

「私が遅くても、待つことができる人だった。
待って、信じて、育つのを待った。あの時代に
監督に出会えたのは幸せだった」と。

褒めて育てる「待ち」の指導者の真骨頂です。

 

評価シートを作って可視化すると、
ついつい出来ていないところに目がいって、
評価というより減点してしまう上司の方がいます。

 

私は、社員が成長する仕組みとして人事制度を一緒に作っています。

成長する=解決イメージの構築、すなわち解決志向です。

社員が成長する人事制度においては

問題に目を向ける思考(問題志向)ではなく、

解決に目を向ける思考(解決志向)が必要です。

解決志向とは
どうなっていればいい?
どうしたらできる?
と考えるものです。

その選手の能力を最大限引き出そうとした
小出流の指導方法は、まさにこの解決志向に
通じるものがあります。

お読みいただき、ありがとうございました。

【ブログ365日達成記念】
あなたの会社の評価制度について
無料Web面談を受け付けます。
詳細はこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/f0e3t

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。