経営者の人間観が組織づくりを左右する

第341号

2019年3月21日アスレチックス戦を最後に
イチロー選手が引退を表明しました。

昭和から平成になった年に美空ひばり
が亡くなって、昭和が終わったと感じたように、

去年から今年にかけて多くの引退がありましたが、
最後の最後、イチロー選手の引退で、
ほんとに平成は終わるんだなっていう感じです。

約90分に及ぶ会見では、多くの金言があって、
ニュースの街頭インタビューでは
人それぞれ、皆が自分の言葉で感想を
言っているところに、イチロー選手の
すごさの浸透力を感じます。

引退記者会見で

人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。
あくまでも、秤(はかり)は自分のなかにある。
それで自分なりに秤を使いながら、自分の限界を
見ながら、ちょっと超えていくということを
繰り返していく。

そうすると、いつの日か「こんな自分になっているんだ」という状態になって。だから、少しずつの積み重ねが、それでしか自分を超えていけないというふうに思うんですよね。

毎年、少しだけ限界を超えた目標設定をして、
その成果の有無は、過去の自分との比較。

レジェンドだからでなく、私たちにも腑に落ちる言葉です。

でも、「そうだよなぁ」って共感するけれど

良く考えると

私の「知っている、わかっている」というのと、

実際に「やっている、できている」人との

差を感ぜずにはいられません。

 

イチロー選手、引退した翌日も
トレーニングするというのだから。

わかるけれど、やっぱりできないです。

 

やる気を生み出す要因には、
X理論の人間観とY理論の人間観があります。

これはアメリカの心理学者マクレガーが

マズローの欲求5段階説をもとにして、
人間に対する本質的な見方を
「X理論・Y理論」という2つの異なる理論として
対比させたものです。

X理論:人は生まれつき「怠け者」という、
性悪説的な人間観が前提

生まれながらに仕事が嫌いで、
できるなら仕事をしたくないと
思っているという前提で、

監督・命令・強制・規則で
人の行動を監視し、ノルマを課して
目標の達成状況に応じて
報酬や罰を与える方法による
マネジメント観です。

Y理論:条件を整えることで、人は自発的に
仕事をこなして責任を引き受ける存在だという人間観が前提

自主性を尊重しながら、
魅力的な目標と責任を
継続して与えるマネジメント観です。

経営者のこの人間観(マネジメント観)が
組織に強く影響します。

Y理論の考え方は理想論だという人も
いるかもしれませんが、
イチロー選手の28年のプロ野球人生は、
やらされての28年ではないですね。

X理論の経営者の会社でも、
短期的に収益は上がるでしょうが、
報酬や罰で管理するのでは、
組織は疲弊します。

どうせなら、Y理論のマネジメントである、
自発的に自分の知識、技術、能力、ノウハウ
などを向上させ、企業のために活かす
自走する組織に本気で取り組むことを
目指していきたいものです。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。