”生活のため” 以外の働く理由を見出す

第282号

「70歳以上まで働く」3割

と、日本経済新聞第一面にこの文字が載った21日の朝刊。

そんなに働きたいと思っている人がいるのか~と
思いましたが、よく読むと、やむにやまれず働く
という選択肢をとる人が多いというのが、
本当のところのようです。

60歳代に限ると、
何歳まで働くつもりかの平均は
69.2歳に上がり(全年代の平均は66.2歳)
70歳以上まで働く意欲のある人は
45%を占めました。

年収別では、
低いほど70歳以上まで働く意欲のある人が多い傾向です。

収入に不安があるほど
長く働く必要性を感じるとみられます。

老後に不安があるから、
働かざるを得ないということですね。

テレビを見れば、
ビートたけしさんもタモリさんも
70歳を超えていますが、第一線です。

そう考えると70歳以上まで働く
というのも、もう普通のことのようです。

一律に定年再雇用となって、
賃金が下がるという今の賃金の仕組みは、
時代とズレが出てきているとも言えます。

多様性の時代とか、働き方改革と言われていますが、
高齢者はカヤの外?でしょうか。

人はそれぞれ違うのです。

そうわかっていても、
ついついパート、再雇用者、
という ” ひとくくり ” で考えがちです。

でもそれぞれ考え方も違いますし、
おかれている状況も環境も違います。

新入社員の定着率を上げたいという相談をいただくと

この会社に自分がいる意味があるのか?

存在意義がちゃんとあるのか?

という問いの答えをちゃんと持って、
気づかせてあげることをしなければならない、
とお話します。

そのひとつの答えが、評価制度で示す
将来像であったりします。

高齢者も同様です。

この会社に自分がいる意味があるのか?

これに対して答えをもてるように、
引きだしてあげないといけないのではないか
と考えます。

なぜなら、そこを疎かにしてしまうと、
モチベーションが下がってしまうからです。

いずれ定年延長、再雇用年齢が
70歳に延びることを考えると、
無視はできないと思います。

 

もっとも、

『ゴール前 延びる定年 老い越せない』
『人生の 余暇はいつくる 再雇用』
https://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/

第32回『第一生命サラリーマン川柳コンクール』優秀100句より

 

これが高齢者の本音だとすると、

なかなかに “ 生活のため ” 以外の
働く理由を見出すのは
簡単ではないです。

それでも、
取り組まないわけにはいきません。

お読みいただき、ありがとうございました。

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。