採用と人事制度はつながっている

第297号

どうして人事制度を作ったのですか?

社員の採用と定着のためです。

どうして人事制度を作ったら、社員が定着するのですか?

自分がこの会社でどんなキャリアを積むのかを
しめしてあげれば、将来の絵がイメージできます。

そのために、どうやって給料が上がるのかを
示してあげなければならないと思うんです。

これは、先日初めて訪れた会社の社長の言葉です。

すばらしいことです。
私もそう思います。

さらに一歩進んで、
この考えをちゃんとした仕組みに
落とし込むことが大切です。

ちゃんと説明することも大切ですが、
理解してもらうには、仕組みに落とし込まないと
伝わりにくいです。

 

採用も定着も
人材確保のひとつの切り口です。

人材を確保する目的は、
会社を継続して発展させるためです。

必要なポイントは、

採用力-ほしい人を明確にして採用する

ベクトルあわせ-移り変わりの激しい現代で、
社員にどこに向かおうとしているのかを伝えて、
目標をそろえる

成長力[育成力]-社員が安心して成長できる環境と仕組み

採用だけが人材確保の方法ではないということです。
採用だけでは、人材確保できない、とも言えます。

では、人材確保の手段としての採用では、
どういう戦略が必要でしょうか。

いかに応募者を「集める」か、です。

 

発見させる

応募させる

来させる

見極める

 

集めるのは「価値観を共有しあえる」仲間です。

 

そのためには、

どんな人材が必要か、
求める社員像を明確にすることです。

この社長は、10年先を想定して、
今から変わらなければならないという
危機感から人事制度を作ったと言います。

そうであれば、必要な社員像は
10年後に必要な人材ということになります。

いったいどんな人物でしょう?

それを示してくれるのがビジョンです。

10年先から今を眺めたら、
足りないものが見えてきて、
人事制度を作ったように、

10年先から見て足りない能力、
人材を今から補充するのが採用とも言えます。

このビジョンは、社員のベクトルを
合わせるためにも必要です。

 

人事は、採用から始まっています。
採用と人事制度は別ものではなく、
ビジョンでひとつの線上にあります。

 

社長が言った
———————————————————
自分がこの会社でどんなキャリアを積むのかを
しめしてあげれば、将来の絵がイメージできます。

そこにはどうやって給料が上がるのかを
示してあげなければならないと思うんです。
———————————————————–

人の ” 数を集める ” 方法は、
最後はどれだけお金をかけられるかによりますが、
欲しい人材に応募させる手段としては、
入社してからキャリアプランを伝えるのではなく、
人を集める段階で会社の魅力として
伝えることです。

お読みいただき、ありがとうございました。

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。