コンサルタントとしての矜持 ”信頼は1日にして成らず”

第271号

NHKの「首都圏情報ネタドリ」という
番組の今日のテーマは、

『幸せを呼ぶ”小さな家” ~首都圏住宅 最新事情~』http://www4.nhk.or.jp/netadori/x/2019-01-11/21/5675/1503191/

3畳ワンルームでも幸せと感じる若者など、
居住面積よりも、通勤がしやすい、生活環境などが
住まい選びの上位にくるという実態を紹介していました。

幸せの基準が違ってきていることを実感します。

資本主義経済ではあるけれど、
お金よりも大事なものが上位に
来るような時代になってきたようです。

それは、バブルのころと違い、
給料が右肩上がりではないことを
みなが知っているからということもありますね。

そこで、最近ではお金以上に
「信頼」の価値が高まってきているように思います。

信頼自体の価値は、以前より高かったですが、
お金に換わる重要なものとして浮上するとは
思っていませんでした。

「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」
西野亮廣・著
https://www.amazon.co.jp/dp/4344031555

この本が売れています。

直接的にお金を稼ぐということから
少し風向きが変わってきているのを感じました。

お金ではなく、信頼を得る、
すなわち『信頼貯金』が重要に
なってくるのではないでしょうか。

この言葉自体は、目新しいものでは
ないそうですが、私には、
今聞くからこそ、響く言葉でした。

ちなみに私の今年の目標
 “お客様からの信頼貯金を増やす” ことです。

 

私たち士業、コンサルタントは
何か商品があるわけではなく、
私自身の知恵やノウハウを提供して
報酬をいただいています。

 

この知恵やノウハウとお金の間に、
信頼を重ねることで継続したお仕事に
つながったり、お客様を紹介して
いただいたりします。

まさに信頼をお金に換えています。

信頼は一日にして成らず

信頼は一瞬で失せる

信頼を積み重ねるには、

・ 期待に応えるよう仕事する

・ 自己研さんする

・ 成長する

愚直にこれらを実践することです。

 

当たり前のことをやるだけなんですが、
だけど、ずっとやり続けることは難しい。

信頼貯金はどれくらい貯まったか
年に1度お客様にアンケートを取ってみましょう。

 

以前、お客様の潜在ニーズを探る方法として、
既存客にヒアリングした結果を分類する方法を
教えてもらいました。

選ばれた理由はなんですか?
何を評価していますか
と、たずねた結果を分類します。

・ 人間性

・ 専門性

・ 必要性

・ 希少性

・ 限定性

結果、私の場合、
人間性と専門性に集中してしまいました。

私の信頼はここで増えている
ということなんだと思います。

インターネットで集客するには
もうちょっと深堀する必要があるのでしょうが。

 

会社の案内をインターネットに出すために、
取引先の名前を実名で書かせていただく
お願いを、これまでお仕事させていただいた
会社に電話でお願いしたところ、
社長のみなさん快諾してくださいました。

普通のことのように思うかもしれませんが、
即答だったのは、うれしかったなぁ。

つまるところ「人」なんだなぁと実感。

今日もまた、ちょっと折り入って相談させてください
と言われて、がぜんモチベーションが上がりました。

お金を稼いだり増やすのは苦手ですが、
信頼は、私の“あり方”しだいで増やすことは
できそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。