違うからこそ互いに活かし合える組織

第243号

なんだか今日が何曜日かわからなくなってきました。
1日1日が早いです。

平成最後の年末は、それに浸ることもできずに、
バタバタ新しい年に突入模様です。

最近手相が変わりました。

しわとは違って、確かに新しい線となって
引かれています。

これを見るたびなぜだか、
勇気づけられます。

なんだか良い方に人生が
変わるような気がします。

まさに根拠のない自信のようなものが
湧きあがるから不思議です。

14日の日経新聞朝刊の企業2面
”ヒットのくすり”という欄で、
『占い特集、なぜ女心つかむ』
という記事がありました。

 

なんだか女性誌の記事でも

おかしくなさそうな内容です。

 

なぜ占いは女性の心をつかむのか?
記事はそれを3つのキーワードで示しています。

多様性-男性に比べて女性は多様である。

背中押し-女性は自分で答えを出していても
他人に賛同してほしいとの気持ちが強いから、
特に、普段の自分を知らない人から背中を
押してほしいと思っている。

カテゴライズ-女性は自分がどういう人間
なのか深く興味を持つ自分大好きな存在。
だから占いが好きで、カテゴライズ[分類]
してほしいと思っている。

この3つが『占いにはまる理由』だと書いています。

女心をつかむとしていますが、
女子的男子も今は多いので、実は
女子に限るものではない、と
感じています。

記事では、
『人の思考をしっかりつかむ感度が
消費ビジネスの明日を占う』
として結ばれています。

組織作りでも言えることです。

効き脳というツールでわかる
客観的なデータで
人の強み、弱み、思考のくせが
それぞれ違うことを学びます。

 

違うからこそ互いに活かし合えることを理解し、

自分の強みや弱みだけでなく、

相手の強みや弱みをも理解した上で

お互いの強みを活かし、弱みを補うことで

成果を上げるのがチームビルディングです。

まずはしっかり
『思考を知ることが
明日の組織づくりを占います』

女性が占いにはまる3要素は
案外、組織にも当てはめることができます。

”多様性”な思考を持つ人が

それぞれの”背中を押し合い”、

強みを活かし弱みを補完しながら、

それぞれのカ”テゴライズ”されたなかでの

役割を全うすること

が組織づくり[チームづくり)だとも言えます。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。