1月2日 今年の抱負

第262号

1月2日といえば、書き初めをする日でもあります。
2日は、1年の事始めとされ、その年の抱負などを
書いて精進するとうまく運ぶと考えられているといいます。

昨年も抱負を書いたのが1月2日でした。

そこで、今年もブログに書いて、
見返すことで達成したいと思います。

 

昨年の抱負は
” 自分を遠慮なく受け入れて、楽しく稼ごう ” でした。

肩の力を抜いてみるというのが、セルフイメージでした。

今年は
” 大変なことを楽しんで、感謝して1年を過ごそう ” です。

セルフイメージは笑顔で輝く自分です。

自分が主語で、
相変わらず自分大好きな抱負
になってしまいました。

 

昨年は走り続けるぞ、と言ったわりには、
体調をくずしたり、時間の使い方がまずかったりしました。

今年の友人知人向けの年賀状には
自分の名前を書き忘れて出してしまう
という失態もしでかしてしまいました。

これまでなら、しないであろうミスも
やってしまうかもしれない、ということを
頭に置いておかなければならない年齢に
なったのかもしれません。

具体的な決意としては、

社会保険労務士として意識することが2つ。

一つめは、
『人と組織づくりの専門家』という一面

メルマガやブログもそこを軸に書いてきました。

①春にいったん365日達成するブログは、
次のステップとして、この読者を対象とした
セミナー開催を行います。

②人事制度と組織作りを別個に
これまで支援してきましたが、
人事制度と組織作りを継続して
セットで支援する事例を作ります。

二つ目は、
『人に関する法律の専門家』という一面

③今年は労務問題解決します、ということを
前面に出した広告を打ち出します。

どれだけ次元の高いサポートができるか、
精進しなければならない1年となります。

情報があふれている時代だからこそ、
専門家と言える知恵や知識を蓄積できるかが
カギです。

④目標を決めて結果にこだわる

単発、顧問先に関わらず、
課題に対しては目標を決めて、
その結果に拘っていきます。

拘ることでより深く考えますし、
自分のノウハウになります。

数値化しにくい人事問題だからこそ、
お客様とどういう目標設定をして
共有するかは、自分の価値を高めるうえで
大切です。

⑤所属するコミュニティで今夏に
開催される勉強会を主催する
プロジェクトに参加します。

大勢の人とかかわることで
仲間と結果を出す気づきや
コミュニケション、仕組み化する
方法を学んで、関与先の
チームづくりに活かします。

⑥人事制度の作成と運用方法を高める

人の成長と、組織の成長を
分けて考えることはできません。
どうしたら相乗効果がでるのか、
相乗効果無くしては、業績の向上
にはつながりません。

人事制度とチームビルディングを
学ぶ者として、融合した仕組みを
完成させます。

 

これらのことを達成することで、
手に入れたいのは ” 自分への自信 ” です。

それが、セルフイメージとして掲げた
” 笑顔で輝く自分 ” につながります。

私が掲げる理念・スピリットである

・ 経営者と社員の成長する現場に関わる

・ 人に与えた影響が自分の生きた価値

今年もこれを意識して、
仕事のなかで実現していきます。

お読みいただき、ありがとうございました。

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。