評価制度から学んだこと 業務改善は とにかくやってみよう!

第109号

先日訪問した会社の社長さんとの会話の中で、

「私はPDCAサイクルはあまり好きではありません」
という発言がありました。

「PとDはさらっとでよくて、CとAだけ
ちゃんとやっていればいいと思うんですよ」
ということです。

ちょうど、PDCAサイクルが大事と
ブログで書いたところだったので、
ドキッとしましたが、
この社長さんはブログは見ていません。

ちなみに私が書いたブログはこちら
「部下の成長を支援するツール」
この中で私も絶対に外せないのはCとAですと
言っています。

このときは、上司もPDCAを回しましょうが
主題だったので、今日はあらためて
PDCAサイクルについて考えてみようと思います。

まずはPDCAとは何でしょうか?

プロジェクト管理や業務における品質や
生産管理の改善手法の一つです。

私は、評価制度の定着支援では、

P(目標設定)

D(計画実行)

C(自己評価)

A(改善計画)

と言っていますが、通常は

P (計画)

D(実行)

C(評価・分析)

A(改善)

PとDはさらっとでよくて
とおっしゃった社長の会社は、
ISOも取得している製造業なので、
PDCAサイクルはよくご存じのはず。

そこで、もう少しその真意をおたずねすると、

どうしても社員さんは職人気質なので、
P(計画)にこだわってしまう。

”予定通りにいかないことも多いのだから”
Pにこだわりすぎるのはちょっとね、
ということでした。

おざなりに回すということではなく、
PとDの時間をCとAに割くのです。

よかった!
人と人は意見が違うとは言っても。。。
私も絶対に外せないのはCとA
とブログに書いています(笑)

実はすでに現場では『CAPDo』として知られた手法があります。

ここでは仲間の瀧田勝彦さんのブログ
「今いるメンバーで 3倍の利益を生み出すチーム作りの秘訣」より

キャップドゥ(CAPDo)ってご存知ですか?
の言葉から引用します。

私自身、昨年このブログを読んで、
前出の社長ではないですが、
PとDにこだわりすぎても意味ないなぁと
思ったものです。

まず、最初に、

C=Check(現状把握)から始められるので

すぐに始められます。

さらに、まずは、

A=Act(とりあえずやる)ことで、

やるべきことが見えてきます。

ここで、初めて、

P=Plan(計画)を立てます。

とりあえず、やっているので、

計画も立てやすいです。

そうなんです。

普段の自分の計画に置き換えて
考えてみればわかりますが、
計画立てるのって
ハードル高いですよね。

凝る人は色変えたり、
始まる前から修正の連続だったり。

ですから、社長の言っている意味もわかります。

PDCAはそれらひとつずつでは効果がありません。
ですが実態は、
どれかひとつかふたつをやって、
うまくいかないと言っていることが多いようです。

それではもったいないですね。

そもそもPDCAサイクルは改善手法です。

時間をかけて計画している最中に
状況がかわった、ということでは
計画に時間をかけても意味がありません。

現状を評価分析するために、
まずは把握するところから入るという
”ハードルが比較的低いところから始めてみましょう”

評価制度は6割の完成度で運用で定着させる
とお伝えしています。

組織作りでは、やりながらでないと学べない
とお伝えしています。

日常の業務をいかに運用できるようにするかは、
スピード重視で、とにかくやってみよう!です。

お読みいただき、ありがとうございました。

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。