私が整体に行くのを辞めた理由

第592号

私は、数年通った整体に行くのを
昨年やめました。

ゴッドハンドとも呼ばれて、
非常に評判のよい先生です。

以前から肩や首のコリに悩まされ、
ある日、腕が上がりづらくなって
大慌てで、その時たまたまいっしょにいた
知り合いに紹介してもらったのが最初です。

人生初の整体です。

月に2回、真面目に数年通いました。

そもそも、治したいと思って通い始めた
はずなのに、通院することが日常になって
しまっていることに、気がつきました。

つまり

施術してもらったときは、
スッキリするのですが、
一向によくならないというわけです。

ある日ふと思ったのが

「これって依存しているだけじゃないか?」
って。

プロに任せる、という発想に
間違いはありません。

先生も、家で足踏みしてくださいとか
家で出来る楽になる方法を教えて
くださいますが

「治してもらう」という
完全丸投げ状態でした。

普段コンサルティングを
していても、
「教えてくれる人」という姿勢で
こられる方がおられます。

私の場合はオーナー企業の
お客様が多いので、

“ここぞ”というところでは

自己主張されてこられるので
依存というところまでには
いきませんが。

それでも、最初は
人事制度と経営は
勝手が違うと思われるのか、

人間関係は難しい
ということが
頭にあるからなのか

「先生」「専門家」
イコール”教えて導いて
くれる人”
として
視線をおくってくださいます。

ありがたいことですし、
不安もわかります。

人を扱う難しさをよくご存じ
だからこそでもあります。

でも、
運用するのは会社です。

主導権を渡すのはまずいです。

型は専門家にまかせても
中身は、どこまでいっても
外部でしかない専門家には
わかりません。

あくまで専門家は
ナビゲーターです。

専門家にすべて任せては
運用できません。

この会社をどうしたいか

どうなりたいか

を会社で決めて

そこにより効率よく
向かうための
サポートを任せるのが

うまい専門家の使いかたです。

どうぞ、うまく使ってください。

リーダーは会社のみなさんです。

お読みいただき、ありがとうございました。

このブログを編集して、
メルマガを平日毎日お届けしています。
ご希望の方は、 下記フォームより
ご登録ください。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。