習慣化の第一歩はやると決めること②

第508号

昨日に引き続き、今日も和仁達也さんの
セミナーからの気づきを共有したいと思います。

「大きな夢をかなえる小さな習慣」という
テーマのセミナーで学んだことは

1.ビジョンを持ち続ける習慣
2.ブレない自己を確立する習慣
3.実績を自信につなげる習慣
4.能力を引き上げる習慣
5.バランスを保つ習慣

そもそも習慣化については
新しい習慣ができるまでの工程を

知らない
↓    (知識レベル)
知っている
↓    (体験レベル)
やってみる
↓    (気づきレベル)
わかる
↓    (習慣レベル)
できる
↓    (無意識化レベル)
している

と、あらわしてきました。

無意識レベルまでもっていくには
やり方も工夫しなければ続きません。

今日お伝えするのは、受講していて
お客様のところで共有したいと思った

3.実績を自信につなげる習慣

自分自身に根拠のある自信をもたせる習慣です。

そのためには成功体験を記録して
忘れないようにする、というものです。

方法としては
■月間・目標達成シートを自分に提出しよう!
という方法です。

具体的なやり方は
月末に、「今月に実践したこと」
「今月の気づき・学び」「来月に実践すること」を
箇条書きで思いつく限り書き出します。

効果としては
「今月に実践したこと」:自分を成長させたこと、
上手くいったことをすべて書き出します。
これによって、モチベーションがあがります。

「今月の所感」:学んだこと、感じたこと
すべて書き出します。

これによって、今月の進捗状況がわかります。

「来月に実践すること」:来月挑戦することや
達成したい行動目標をすでに達成したかのような
表現で書きます。

これによって、達成したイメージができ、
達成意欲がたかまります。
ひとりでやってもいいですが、
誰かパートナーと行うと、
互いに刺激にもなり、効果的です。

PDCAサイクルという業務改善、
効率化する方法があります。

 P(目標設定)
 ↓
 D(計画実行)
 ↓ 
C(自己評価)
 ↓
 A(改善計画)

この中で難しいのが、
D→Cで止まってしまうこと。

評価制度でも、評価することで
終わってしまい、なかなか改善計画に
進みません。

そこへいかないと
成長につながっていきません。

よって、いかに月末に書き出す
ことができるか。

その仕組みづくりとして、
目標達成シートがあります。

より継続を確実にするために、
上司と部下等ペアになっておこなうと
継続のハードルが少し下がります。

どんなにやり方を知っていても、
やるか、やらないかが習慣化
できるかどうかの分かれ道です。

お読みいただき、ありがとうございました。


■━━セミナー開催のご案内━━━━━━━━━━━■
【使える「ハローワーク求人票書き方の法則】セミナー

採用が初めてでも“いいヒト”は採れます。
求人票のNGワードを徹底解説し、貴社の求人票の
弱点診断します。
〇〇手法で求人票を生まれ変わらせて
ハローワークの求人システムを
使い倒しましょう。

10月25日(金)14:00~16:50 [受付 13:45]
場所は東京駅から徒歩4分
10席限定です!

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.suzukey-stone.com/2019/09/05/508/
————————————————————————-

このブログを編集して、
メルマガを平日毎日お届けしています。
ご希望の方は、下記フォームより
ご登録ください。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。