あらためて想う、ブログを書き続けるワケ

第359号

今日は午後から、ブログ365日達成セミナーを受講した
仲間との同窓会に参加してきました。

十年近く前に受講した人、まだ受講中の人まで
期を超えて集まりました。

講師はもちろん、板坂裕治郎さんです。

私は昨年の4月9日に静岡で学んだ58期生です。
明日4月10日から東京74期生の講座が始まりますから、
ものすごい勢いで、365日毎日ブログを書くことに
挑戦する人が増えているわけです。

それでも、365日書き続けられる人の割合は
53%程度ですから、難しいということです。
狭き門です。

自分自身があと数日でこの365日を達成するわけですが
最後の最後、何を書けばよいのか、迷う日々で、

「なぜブログを書いているのか?」と
あらためて、問われているような気がします。

● 成果は遅れてやってくる

裕治郎さんは365日ブログは通過点と言います。

その理由は、成果は1年半たったころ、
半年遅れでやってくるからです。

半年遅れですから、365日達成した段階で辞めても、
効果は出続けます。
でもその成果が止まったとき、あらためてブログを書き出しても
また、半年後以降にしか成果はでない。

だから、書き続けることが正解だし、
365日は通過点にしか過ぎない
というものです。

1年で辞めるというのは、
確かに、もったいないということですね。

う~ん、これは、とりあえず1年と思っていただけで
その先を考えていませんでした。

自分に問うべきは、
「何のためにブログを書くのか?」です。

そこで考えなければならないのは、

すべての起点は”熱い思い”ということです。

「道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である(二宮尊徳)」

裕治郎さんが今日紹介してくれたこの言葉は、
経営理念がない経済活動はときに罪悪を作りだし
利益が出ていない経営理念は寝言である、

ということです。

会社の経営には、理念と戦略は両方ともに必要だ
ということですが、すべては熱い思いから始まる
というものです。

できる社長は行動してから考えると
裕治郎さんは言います。

人生が変わる7つのステップは

1.熱い想い
2.見える化
3.公表 → ブログを書くという行動
4.共感
5.協力者
6.覚悟
7.変化

人間は一人きりで変わろうと思っても、難しい。
でも「熱い想い」を見える化すると、人の輪ができ
その関係性の中で「覚悟」が決まっていく。
その後はとにかく進むしかなくなる。
それがあなたを「変化」させるのだ。

出発点は「想い」
崖っぷち2000人の経営者を再生させた
社長の鬼原則 より

ブログを書くことは行動であり、
人生を変えるための一つのステップなのです。

ブログで「想い」を語ることは
人生を変えることにつながります。

そのために、今日もまたブログを書いています。

お読みいただき、ありがとうございました。

このブログをメルマガでも
お届けしています。
ご希望の方は、
下記フォームよりご登録ください。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。