働き方を定義する

第292号

今日の日本経済新聞朝刊の一面の
春秋というコラムでこんな話題を取り上げていました。

「日本の人口は約1億3千万人だが、このうち何人以上の意見なら世論と言えますか」

 

平均値は4342万人。

しかし結果は見事にバラバラで
グラフに山が全くなかったそうです。

・ 回答者の11%が1億人以上
・ 8%が5千人未満
1人と答えた人もいたそうです。

そもそもこの調査は、私たちがよく口にする

「みんながそう言っている」

この、みんなとは何なのか。
という問題意識からだそうです。

世論=みんなそう言っている とするなら、

みんなってそもそも何人くらいの意見?

ということから調べてみたのかなって思います。

でもそんなことは、わざわざ調べなくても
皆知っています。

同じ言葉でも受け取り方は千差万別

千差万別:種々様々のちがいがあること。
多くの差異があること。

~精選版日本国語大辞典より~

 

こんな言葉があることからもわかるように、
違いがあって当たり前ということは
よく知られたことです。

知っていることと、出来ていることとは違います。

 

会社の数字をひとケタ読み間違う人は
そんなにいないでしょうが、
人の言葉が誤解を生むことは
日常的に起こり得ることです。

 

評価制度で一番難しいのは、
評価項目を選ぶことよりも、
その項目の定義です。

 

組織の型としては、
フラット型やピラミッド型など
いろいろありますが、

共通して言えることは、

「日本の人口は約1億3千万人だが、
このうち何人以上の意見なら世論と言えますか」

これに対して、経営者側と働く側が
共通の答え[定義]を持つことです。

 

できれば私は、
ルールとして経営側が示すのではなく、
お互いの理想を持ち寄り、
共感する部分を定義としていきたいと考えます。

おしゃべりばかりで仕事の手が進まない人に
毎回注意するようなことはしたくないなぁと、

会社を引き継いだ後継社長が言ったことがあります。

先代がワンマンだっただけに、その気持ちわかる気がします。

言わないとダメなのか。っていう気持ちです。

でも、おしゃべりはやめて集中してほしい、と
後継社長は思っています。

こんなときどうするかというと、

幹部社員と社長で、
働き方の言葉を定義して、周知します。

働くことの目的、価値観です。

 

これをやってほしい

これはやらないでください

言語化して、これで評価することへの
社員の同意を得ます。

 

昨日のブログで書いたように

言いたいことを言い合える
コミュニケーションは大事です。

共通認識を持って
ベクトルを合わせることで
チームになる、とお伝えしました。

その前提となる

・ 合わせる基となる考え方

・ ベクトルを合わせて進む方向

これを定義して言語化することで、
組織が機能します。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。