大切なのは社員の納得

第071号

日曜の深夜は、サッカーワールドカップ、
日本代表の一次リーグ突破を
ぐっと引き寄せたセネガル戦の引き分けでした。

ベスト16に進出した2010年もそうでしたが、
日に日にチーム力が上がってきました。

例えば本田選手については、
ここまで後半戦に投入されていますが、
本人はそれを善しとしているのでしょうか。

セネガル戦の後
「人のゴールがサブでもこれだけ嬉しいのは
これまでなかった」という本田選手のコメントがありました。

出て当たり前。勝って当然と思っていた男の発言が
変わってきました。

他の選手も思いは同じでしょう。

日本チームの戦略に、
100%の合意はしていないけれど、
納得はしているという状態ではないでしょうか。

言いかえれば、戦略は、
合意しなくても納得できていれば、
実行できるということです。

会社では、就業規則の変更であったり、
人事制度の導入であったり、
必ずしも社員の皆が合意するとは限らないけれど、
実行しなければならないときがあります。

大切なことは、
それぞれ考えは違うので、
100%の合意はできないけれど、
とにかくやってみようという点での
納得するという合意ができるかどうかです。

妥協ではありません。
そのために、とことん意見を出し合うことです。

日本代表もワールドカップ前の
スイスやオーストラリア合宿で
ずいぶん話し合ったと
試合の中で、解説者から紹介がありました。

お互いの気持ちを「わかりあう」

すなわち、互いに相手の気持ちに寄り添い
確かめるように話を聞くことが、
より納得できる環境が組織の中で形成されます。

そのうえで、リーダーが
やらなくてはいけないんだという強い意志、
覚悟を伝えることで、戦略は実行に移されます。

やったことがないことであればなおさら、
強い意志で言い続けるしかありません。

なぜなら、人は選択が難しい状況では
現在の状況を継続しようとして、
「変える」という選択肢を避ける傾向が
あるからです。

皆が合意してくれないからどうしよう、
と思いがちですが、
そもそもそれは、無理な話。

合意ではなく納得してもらえるような
説明をしたいですね。

とくに、社長をはじめとして、
プロジェクトを推進するリーダーは
あきらめずに、言い続けてほしいものです。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

【チームビルディングセミナーを開催します】
*****************************************
6月29日19:00より
「効き脳を知って、今いるメンバーで効率よく成果を出す方法を学ぶセミナー」
詳細はこちらをご覧ください。
https://suzukey-stone.com/2018/06/12/seminar_18629/
*****************************************

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。