ビフォー・アフター あなたは成長しましたか

第117号

同じ勉強仲間の上口まみさんに
『A3 1枚チラシ 魅せる営業資料』を
作ってもらうため、ヒアリングをしていただきました。

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/2462

まみさんは、価値を伝えることが難しいとされる
高額システム商品のプレゼン経験で養った
『顧客獲得思考』と、大学時代、デザイン学科で
学んだ表現力を活かして、
『A3・1枚 顧客獲得戦略シート』を創り出した人です。

業種・業態は問わず、伝わりづらい商品や
サービスの価値を魅せる化するスキルには
定評があります。
何より、独立した現在も、現役のプレゼンターとして
企業の主力商品・サービスのプレゼンを行う傍ら、
顧客獲得型セールスプレゼンノウハウを体系化し、
伝える活動で走りまわっている、今売り出し中の
セールスプレゼンコンサルタントです。

デザイン学科で学んだ表現力という自分にはないものに
大いに期待して、商品のこと、自分の強みなど引きだして
もらいました。

ひとしきり聞いていただいた後、
「関わってどう会社が変わったか、
数字でわかるといいんですが、
何かありますか?」

1が2になったというように、
わかりやすく言えるものがあるといいですね。
人事の成果を数字であらわすのは、
難しいもののほうが多いのは事実ですね。

今、仲間で励まし合って365日ブログを書き続ける達成
を目指して書いています。
仲間には美容師さんが多くて、
いつもすばらしいお客さまのビフォー・アフターの
写真を載せています。

そのすばらしい出来栄えに、言葉は不要です。
さすがプロだなぁといつも思って見ています。

さて、人事の仕事のビフォー・アフターは
どのようにあらわしましょうか。

スタートに焦点を合わせると、
目をこらして見ていても、
ビフォー・アフターの成長度合いを
つかむことは難しいです。

達成したい目標、ゴールを決めることで、
成長度合を可視化することは可能になります。

たとえば、長時間労働の削減では、
月に80時間くらいしていたのが、
40時間へと、半分にすることができました。

これは1カ月に法律で決められている
残業時間の上限45時間を
ゴールに設定したことで、
何をどうやればよいのか、
前向きに取り組むことができました。

ゴール設定は重要です。

旗印ではないですが、
そこにあるゴールを目指そうと思うと
ネガティブではなく、ポジティブ思考になります。

どうしたら、あのゴールに到達できるだろうと
いう感じですね。

コンサルタントであっても、
社内でプロジェクトとして取り組むにしても、

まず解決したい課題を具体的にしぼりこむ。
これが大事です。
課題ではなく、なし遂げたい成果でも同様です。

ゴール設定ができたら、共有です。
コンサルタントの場合はそれを” クライアントと共有する ”
会社内であれば、上司が” 部下のゴール設定を共有する ”

 

お読みいただき、ありがとうございました。

つまるところ「人と組織」
社長の想いを語りなおして
強み×8割の社員が育つ仕組み×関係性をデザインする
鈴木早苗でした。

メルマガ申し込み
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。